FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.05 (Fri)

ロンドン交響楽団

先週、ロンドン交響楽団が京都に来ました。
ロンドンにいた頃、毎週のように聴きにいっていました。
当時の首席ティンパニのゴーディカ先生に、アカデミーでレッスンを受けていました。
ゴーディカ先生のティンパニは本当に素晴らしく、
音色といい、音楽性といい、最高で、とにかく華がありました。
ロンドンシンフォニーを聴きに行くたび、ゴーディカ先生の偉大さを痛感していました。
2000年でリタイアされたので、もう先生の演奏を聴くことはできません・・・。

今年の春、京都にロンドン響が来ることを知り、
絶対行きたい!!!
と思い、発売当日にチケットを買おうと、電話したら、
すでに5000円のD席は売り切れ・・・。
それ以外の席はめちゃくちゃ高いんです・・・。
Dをゲットできなかった事を母に言ったら、

「そんなに行きたいなら、買ってあげるわ。」

やった~!!!

結局、両親も聴きに来る事になりました。
京都コンサートホールは、ありがたいことに、託児があるんです。
しかも、無料、お菓子つき。
こどもたちも、同じくらいの歳のお友達と遊べて楽しかったようです。

首席打楽器奏者のニールもアカデミーの先生だったので、
会えるといいな~と思っていたら、
開演前のホワイエのバーで、ビールを飲んでいる燕尾姿の2人を見つけました。

「あれ?ニールかな?」と顔を確認していたら、母が、
「違ってもいいから、声かけなさい!!」

やっぱりニールでした。
5年ぶり?もっとかな?
最初、だれだったっけ?という顔をしていましたが、
すぐに思い出してくれて、開演直前までいろんな話ができました。
曲目は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番と
プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」でした。

アレクセイ・ボロディンのピアノも、オーケストラもともに素晴らしく、
続く、プロコフィエフは、すっごく良かったです。
それぞれのパートが全て最高で、言葉で言い表せない・・・。
久しぶりに感動するオーケストラを聴けました。
おそるべし・・・、ゲルギエフ!!!
ゲルギエフの指揮がこんなにいいなんて・・・。
オーケストラの配置が、独特だったんです。
ファーストの横がチェロ、ビオラ、セカンドと並び、
ファーストとチェロの後ろにコントラバスなんです。
木管は通常位置で、金管が、ビオラとセカンドの後ろのひな壇、
打楽器は通常位置、ティンパニは金管と打楽器の間でした。
それが、見事に成功していました。

また聴きたいと、つくづく思いました。

7日に豊田コンサートホールであるらしいので、お勧めです。
いいコンサートになること、間違いなし!!!
12:06  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://marimbamaki.blog101.fc2.com/tb.php/58-4544821c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。