FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.15 (Wed)

YouTube Symphony Orchestra in NEW YORK/Vol.3

昨日、オーケストラ全体練習がありました。

この1ヶ月ほど、待っていた瞬間です。
マイケルティルソントーマスが部屋に入ってきたときには、鳥肌が立ちました。
私はブラームスの4番のトライアングルでしたが、手が震えました。

テレビカメラが、20台ぐらいきていました。
日本とまたっくテンションが違います。
内容は、写真と一緒に後日ご報告します。

今日は、記者会見までありました。
午後からはガーネギーホールでリハーサルでした。
舞台に立った瞬間、感動しました。

でも、連日のハードなリハーサルで、もうクタクタです。
明日の本番まで、体力をつけて頑張ります。
詳しくは、日本に帰ってゆっくりご報告しますね。

▼追伸
日本テレビのニューヨーク支局より、取材を受けました。
放送予定【朝番組「スッキリ!!」】については、
日本時間4/16(木)の朝、またはそれ以降からの放送となる見込みだそうです。

なお、放送予定は
番組の構成や項目の調整により変更になる場合があるそうなので、
あくまで予定であることをご了承くださいとのことでした。

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

12:43  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.03 (Tue)

YouTube Symphony Orchesta

今日、とても嬉しい発表がありました。

実は、世界最大の動画投稿サイト『Youtube』が主催する
『YouTube Symphony Orchestra』のオーディションを受けていました。

このオーディションでは、
中国の著名な作曲家であるタン・ドゥンが
このオーケストラのために書き下ろした曲『Internet Symphony No1 "Eroica"』の
各楽器のパート譜を動画でYouTubeにアップロードして応募する
世界初のオーディションです。

▼『Internet Symphony No1 "Eroica』
▽課題曲動画

      
▽応募動画
    

また、応募の際にはもう一曲の課題として
モーツァルトの『魔笛』という課題を動画で応募します。

▼魔笛(Magic Flute)』


上記の課題動画(魔笛)で評価された入賞者は
YouTubeからニューヨークに招待され、
カーネギーホールで演奏できるというものでした。

このような企画に応募したのですが、
なんと、1次予選・2次予選と選考に残り、
マリンバパートのファイナリストの2人に残っていたのです。

その後、最終選考の前にYoutubeユーザーによる投票期間が1週間あり、
そのYouTubeサイト上での投票結果をふまえ、
あの、世界的な指揮者である『マイケル・ティルソン・トーマス』が
直々に入賞者を選びます。

と、いうことで、
なっ、なんと!最終選考で、入賞者に選んでいただきました!!!

2009年3月2日にアメリカで公式発表だったんですが、
時差の関係で日本の今朝(2009年3月3日)のニュースとなりました!!!

ホントにうれしいです!!!

この応募に至る経緯は、
主人が仕事で見ていたYouTubeサイトでこのオーディションを見つけ、
「受けてみたら?」ということが発端でした。

軽い気持ちで「受かったらいいいな~」と思っていましたが、
まさか、ホントにここまで来れるとは思いませんでした。

応募の際は、締め切りギリギリで、
パジャマみたいな格好で投稿しているのが、
こんなに大きく取りあげられることとなり、非常に恥ずかしいです・・・。

なお、詳細は下記サイトをご覧ください。
   ▼YouTube シンフォニー オーケストラ
   ▼YouTube日本版公式ブログ

公式発表後、他の入賞者から続々とメールが届いています。
動画によるオンラインでのコラボレーション企画は世界初の公演ですので、
きっと非常にエキサイティングなコンサートになると思います!

色々とご支援・ご協力くださった方々、
このブログをお借りして厚くお礼申し上げます。

ありがとうございました!

marimbamaki【YouTubeでのネーム】
21:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.05 (Fri)

ロンドン交響楽団

先週、ロンドン交響楽団が京都に来ました。
ロンドンにいた頃、毎週のように聴きにいっていました。
当時の首席ティンパニのゴーディカ先生に、アカデミーでレッスンを受けていました。
ゴーディカ先生のティンパニは本当に素晴らしく、
音色といい、音楽性といい、最高で、とにかく華がありました。
ロンドンシンフォニーを聴きに行くたび、ゴーディカ先生の偉大さを痛感していました。
2000年でリタイアされたので、もう先生の演奏を聴くことはできません・・・。

今年の春、京都にロンドン響が来ることを知り、
絶対行きたい!!!
と思い、発売当日にチケットを買おうと、電話したら、
すでに5000円のD席は売り切れ・・・。
それ以外の席はめちゃくちゃ高いんです・・・。
Dをゲットできなかった事を母に言ったら、

「そんなに行きたいなら、買ってあげるわ。」

やった~!!!

結局、両親も聴きに来る事になりました。
京都コンサートホールは、ありがたいことに、託児があるんです。
しかも、無料、お菓子つき。
こどもたちも、同じくらいの歳のお友達と遊べて楽しかったようです。

首席打楽器奏者のニールもアカデミーの先生だったので、
会えるといいな~と思っていたら、
開演前のホワイエのバーで、ビールを飲んでいる燕尾姿の2人を見つけました。

「あれ?ニールかな?」と顔を確認していたら、母が、
「違ってもいいから、声かけなさい!!」

やっぱりニールでした。
5年ぶり?もっとかな?
最初、だれだったっけ?という顔をしていましたが、
すぐに思い出してくれて、開演直前までいろんな話ができました。
曲目は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番と
プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」でした。

アレクセイ・ボロディンのピアノも、オーケストラもともに素晴らしく、
続く、プロコフィエフは、すっごく良かったです。
それぞれのパートが全て最高で、言葉で言い表せない・・・。
久しぶりに感動するオーケストラを聴けました。
おそるべし・・・、ゲルギエフ!!!
ゲルギエフの指揮がこんなにいいなんて・・・。
オーケストラの配置が、独特だったんです。
ファーストの横がチェロ、ビオラ、セカンドと並び、
ファーストとチェロの後ろにコントラバスなんです。
木管は通常位置で、金管が、ビオラとセカンドの後ろのひな壇、
打楽器は通常位置、ティンパニは金管と打楽器の間でした。
それが、見事に成功していました。

また聴きたいと、つくづく思いました。

7日に豊田コンサートホールであるらしいので、お勧めです。
いいコンサートになること、間違いなし!!!
12:06  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.12.30 (Sun)

年忘れ2007

今年の年忘れということで、
某有名動画サイトに動画をアップしているので、
ご覧くださいませ。

■Jegog(ジェゴッグ/巨竹ガムラン)
□Gopala
 (ゴパラ)
 http://jp.youtube.com/watch?v=pDvaIJyEGco
□Makepun
 (マカプン)
 http://jp.youtube.com/watch?v=LrB2RfV_0Bs


■Marimba
□Nagoya Marimbas
 (ナゴヤ マリンバ)
 http://jp.youtube.com/watch?v=O_5bXVE2XvE

□A story of a Coral Reef from a Mother
 (お母さんから聞いた珊瑚礁の話)
 http://jp.youtube.com/watch?v=aRvK69CIVBM

□Marimba Ensemble
 (マリンバ合奏団)
 http://jp.youtube.com/watch?v=rLc8JwRtjDU

22:44  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.12.30 (Sun)

一年の終わり

12月後半、コンサートがあったので、
2週間ほど名古屋の実家に帰っていました。
まずは、バリ島から「Jegog(ジェゴッグ)」のスウェントラ先生が
いらっしゃって、プライベートコンサートがありました。
3年ぶりぐらいに、「Gopala」を踊りましたが
少し忘れているところもあったので、
スウェントラ先生に教えていただき、スカルサクラのMちゃんも、
ゴパラデビューしました。
また、Mちゃんは思いがけずジョゲ
(余興でお客様を誘って一緒に踊る)デビューを果たしました。
さすがに●年前に、バリで習ってきただけあって、
構えただけでキマっていました。
あとは、大学のオペラで
オーケストラのティンパニをしました。
オペラの練習は
歌やセリフを覚えてしまうぐらい長いものでしたが、
とてもいい勉強になりました。
本番が終わっても、まだ頭の中はオペラの曲が流れていて、
気がつくと鼻歌でうたっていたり・・・。夢に出てきたりします。
早く1月のコンサートに頭を切り換えなくちゃ・・・。
オペラの本番の日に、
急遽、吉田ミカさんが名古屋にいらっしゃり、
本番も観ていただきました。
次の日には、『NAGOYA MARIMBAS(ナゴヤマリンバ)』の
合わせをしていただきました。
今まで私は2番パートを弾いていましたが、
今回の公演で初めて1番パートを弾くのです。
曲をご存じの方はお解りだと思いますが、
冒頭部分を除いて、両パートは
殆ど同じ事を弾くのです。
しかし、半拍ずれているので、ちょっとつっかかったりすると、
一緒になってしまったりするのです。
幸い、今回の合わせでは、そのような事はありませんでした。
というのも、スカルサクラのKWちゃんが、
ジェゴッグやオペラの練習前にお付き合いしてくださって、
ナゴヤマリンバの合わせをしてくれたからなのです。
ミカさんにも、ご指導いただいて、ものの20分程で終了でした。
午後からは、ミカさんのご支援されている方からのご紹介で、
名古屋の有名企業のM会長の所にお伺いして、
楽しいお話と共に、たくさんのご協力をいただきました。
感謝感激です。
今年もたくさんの方々との出会いがありました。
外国からもたくさんのマリンビストが名古屋に来られ、
共演させていただく機会がありました。
また、演奏旅行にいろんな所に行かせていただきました。
佐々木達夫先生と
マリンバカルテットのコンサートをさせていただいて、
全体だけでなく、細部にわたってレッスンしていただいたのは、
とても良い経験でした。
来年の1月早々には吉田ミカさんをはじめ、
エディ・ゴメス、ステファン・カールソン、浅香真理子さんと
東京、名古屋でコンサートがあったり、
2月にはスカルサクラコンサートもあります。
今年以上に楽しく、充実した1年になるといいな思います。

みなさま 良いお年を・・・。

18:21  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。